2011年09月02日

マノマノさんとマヌ

以前から、行かなきゃと思っていた二つのカフェ。マノマノさんとマヌの大名店。

マノマノさんは、オーナーがご夫妻で来られたこともありますし、また、マノマノさんから聞いて来ました、と云うお客さんも時々あって、顔を出さなきゃと、ずっと思っていたカフェです。ですから、どうしても家内と二人で行きたかったカフェなんです。
マノマノさんは、天神の北側、ショッパーズと競艇場の間にあります。この辺りに行くことは殆どなく、全く地理感のないところですし、一方通行が多いところですので、iphoneを頼りに行きました。
行くと、オーナーの増田さんがお一人でした。丁度夕方前の時間帯だったせいか、お邪魔していた30分程度の間、ゆっくりお話しできました。とても温かい人で、博多のカフェを盛り上げようとなさっている気持ちが、ビンビン伝わってきました。
お互いに協力し合って行きたいものだと思います。

カプチーノを作る増田さん。
IMG_6493.jpg

IMG_6495.jpg

なかなかです。若い人が集まる理由が分かりますね。

IMG_6494.jpg

奥に焙煎機があるのが見えますか? マノマノさんは、ここで焙煎していて、豆の販売もされています。
カフェの学校で講師もされていますので、若い人たちが集う場所にもなっているそうです。

さて、そんななマノマノさんとは少し趣きが異なるのが、マヌさんの大名店です。
今年オープンしたての新しいお店で、アップルストアのすぐ近くなんで、すぐ行けるだろうと思っていましたが、結局、今日まで行けませんでした。と言うことは、アップルストアにも随分ご無沙汰しているって言う訳ですったいね。

IMG_6485.jpg

何となく、アメリカのゾッカの本店に似たような雰囲気と言ったら良いでしょうか。
下はメニュー。上手に作っています。
エスプレッソとケニア『カンゴチョ』をプレスで頂きました。

IMG_6488.jpg

また、ここのお店のもう一つの特徴は、博多に一台しか無いというマルゾッコの『ストラーダ』があると言うことです。
ストラーダは、エスプレッソの抽出圧可変装置が付いていて、バリスタが自由に抽出圧を変えることが出来る機械で、ある意味、理想的ですが、逆に言うと、自由度が増える訳ですから、訳が分からなくなってしまう危険性もある訳です。

IMG_6490.jpg

かっこいいですね。
あ、そうそう。このストラーダの上に付いていたライトが面白くて、つい写真を撮ってしまいました。
使い終わった蛍光灯を周りの飾りに使ってます。どこかのをまねて作ったと言うことですが、面白いものでした。
ちょっとしたアイデアですね、

IMG_6492.jpg

と言うことで、今日は博多の代表的なカフェ2店舗をご紹介しました。
明日こそは、コーヒーの話題を書きますね。
んじゃ。また。

posted by ハニーおやじ at 01:23| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルティコーヒ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。